2010年07月26日

スパークリングワインの保存方法


ハーフボトルのスパークリングワインなら、保存の方法を気にせずに、飲みきることができると思います。スパークリングワインを保存するベストな方法は、ワインセラーに保存するという方法になると思います。
ですから、スパークリングワインは床下保存でも大丈夫ということになると思います。

スパークリングワインの保存を考えるよりも、飲みきってしまえるサイズを始めから購入するというのも良い方法だと思います。
飲みきりサイズのスパークリングワインには、375mlという缶ジュース一本分程度の容量のものもあります。
ですから、美味しい状態でスパークリングワインを保存したいと考える方は、ネットで情報を集めてみると良いでしょう。
栓を抜いた飲みかけのスパークリングワインを保存するときは、香り移りを防ぐために、香りの強いものと同じ場所で保存するのを避けたほうが無難なのだとか。
それよりも小さいサイズのスパークリングワインを購入し、保存をするのではなく、飲みきってしまうのも良いのではないでしょうか。
375mlなら、ショートサイズの缶ビール一本程度のスパークリングワインと考えることもできるでしょう。
スパークリングワインの保存専用の栓を使えば、泡が抜けにくく、とても良い状態で保存することができると思います。




posted by キャット10号 at 04:10 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。