2012年12月11日

チューブレスタイヤの種類



チューブレスタイヤは、非常に便利で、メリットも多いので、大いに使用したいのですが、いかんせんその種類が少ないです。
ユッチンソンのチューブレスタイヤには3種類ありますが、その中で一番軽量で長寿命なのがFusion2なのです。
そして、チューブレスタイヤを使用すると、リム打ちパンクが起こらないので、安心して、低圧走行ができます。
今後は他のメーカーが参入して、チューブレスタイヤの種類を増やしてくれることを期待したいものです。チューブレスタイヤというのは、ロードバイク用タイヤに相応しく、ミシュランが発表したことで話題になりました。
そのため、チューブレスタイヤを使用しようとしても、種類が少ないので、選択肢が限られてきます。
種類が少ないことから、ミシュランやブリヂストンが、チューブレスタイヤの市場に参入して、種類を増やしてくれるのを待っているユーザーもたくさんいます。

チューブレスタイヤは、種類が少なく選択肢も少ないので、どれがいいかは、順番に試してみるといいでしょう。
IRCとユッチンソンがチューブレスタイヤの対応メーカーになりますが、ユッチンソンには3種類、IRCには4種類あります。
結局、現行、チューブレスタイヤの種類は合計しても7種類しかないことになります。
実際、チューブレスタイヤの種類に何があるかというと、IRCとユッチンソンぐらいしか思いつきません。




posted by キャット10号 at 05:00 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari10.blog60.fc2.com/?m&no=1465
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット10号 at 04:51 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューブレスタイヤのシーラント



チューブレスタイヤの場合、路上でパンクすると、やっかいなので、シーラントの存在は非常に大きいと言わざるを得ません。
つまり、シール剤としての役割を果たしてくれるのがチューブレスタイヤのシーラントで、この役割は非常に大きいと言えます。
小さい穴なら、チューブレスタイヤのシーラントは、穴を塞いでくれるので、パンク時にとても役立ちます。
MTBのチューブレスタイヤについては、シーラントは絶対に入れるべきだとされているのですが、それ以外は、どちらでも良いという意見が圧倒的です。
また、慣れていないと、タイヤレバー無しではチューブレスタイヤのパンク修理作業は困難です。
しかし、こうしたチューブレスタイヤの問題は仕方なく、気密性のためには、ビードは硬くなってしまうのです。
しかし、チューブレスタイヤのシーラントについては、賛否両論あり、その是非が問われています。
しかし、チューブレスタイヤのシーラントに全面的に頼るのはあまりよくなく、シーラントを注入しても、穴が塞げないケースもあります。チューブレスタイヤというのは、チューブが入っていないので、パンクした時にとても便利なタイヤです。
つまり、チューブレスタイヤのシーラントは、万能品ではなく、ある程度の限界があるということです。




posted by キャット10号 at 04:50 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari10.blog60.fc2.com/?m&no=1464
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット10号 at 04:41 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューブレスタイヤの特徴


チューブタイヤからチューブレスタイヤに乗り換えて一番すぐに感じるのは、乗り心地の良さで、それはすぐに体感でます。
エアシール層とタイヤが一体成型になっているのがチューブレスタイヤなので、パンクの際、傷口が広がりにくい特徴がります。
また、登り坂でもチューブレスタイヤなら、空気圧をさげることで、グリップを安定させることができます。
また、チューブレスタイヤを履くことで、気圧のセッティング幅も大きく広がるので、快適な乗り心地が実現できます。
また、チューブレスタイヤの特徴として、耐パンク性が高いで、楽々と低圧走行をすることができます。
快適な乗り心地、低転がり抵抗、ハンドリングの向上など、チューブレスタイヤのその特徴は、そのままメリットにつながるものばかりです。
また、チューブレスタイヤは、乗り心地かよいだけでなく、疲労軽減効果もあるので、長時間の走行にも耐えうるものなのです。

チューブレスタイヤは、チューブタイプよりもエアの自然漏洩が小さい特徴があるので、メンテナンス軽減効果もあります。
路面追従性が高くパンクにも強いチューブレスタイヤは、空気圧を下げてもリム打ちパンクしないので、安心して走破できます。
チューブがないチューブレスタイヤは、路面状況がダイレクトに体に伝わるので、自ずとハンドリングが向上するのです。




posted by キャット10号 at 04:40 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari10.blog60.fc2.com/?m&no=1463
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット10号 at 04:31 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロードバイク用チューブレスタイヤ


密閉性を高めた設計になっているので、ロードバイクには、チューブレスタイヤがピッタリかもしれません。
もし、それが面倒だと感じるなら、チューブレスタイヤてはなく、クリンチャーを使用するといいでしょう。
回転抵抗、路面との接地力、乗り心地、ブレーキの効き具合など、総合的に判断して、チューブレスタイヤは、ロードバイクに向いています。
ロードバイクに乗ろうと思っている人は、チューブレスタイヤを使用するとよく、そうすると、快適な走行が楽しめます。

チューブレスタイヤ以外には、クリンチャー、チューブラーなどがあります。
ユッチソンのロードバイク用のチューブレスタイヤは、フランスの会社が作っています。
ロードバイク用のチューブレスタイヤは、IRC、ユッチソン、マキシスという3社から発売されているので、好みに合わせて選ぶといいでしょう。
そして、ユッチソンでは、FUSION 3 Roadtubelessが、マキシスでは、PADRONEがロードバイク用のチューブレスタイヤとしておすすめです。チューブレスタイヤというと、チューブを使わないタイヤのことを指しますが、クリンチャーと構造は酷似しています。
これらのロードバイク用のチューブレスタイヤは、トレッドのゴムの柔らかさに差があり、グリップ感がそれぞれ違います。
IRCのロードバイク用のチューブレスタイヤは、井上ゴム工業株式会社という会社が作っていて、日本のメーカーなので、安心感があります。




posted by キャット10号 at 04:30 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari10.blog60.fc2.com/?m&no=1462
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット10号 at 04:21 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューブレスタイヤの交換


タイヤとホイールがチューブの役目をしているのがチューブレスタイヤなので、接点部分のタイヤのビード部を落とす必要があるのです。
その後、タイヤレバーを使って、チューブレスタイヤのビートを的確に外していくのですが、あまりにも固い時は、無理して交換しないことです。
後はチューブレスタイヤの裏面をホイールに強く押しつけてやれば、タイヤがスムーズに入っていきます。
チューブレスタイヤの交換ですが、必要な工具は、タイヤレバーが2本あれば、簡単にでき、バルブのムシ外しをするだけです。

チューブレスタイヤのバルブのムシを外し、エアを抜き、ビートをホイールリムから外します。
ビート部とホイールのリム部は密着しているので、チューブレスタイヤ交換の際は、ビート部落とさないと上手くいきません。
無理にチューブレスタイヤの交換をすると、タイヤをキズつけたり、ホイールリムが変形する恐れがあります。
この際、できるだけ柔らかい物をチューブレスタイヤに当て、ハンマーで叩きおとすと効率良く外れます。
どうしても外れない時は、ガソリンスタンドで、チューブレスタイヤの交換を依頼すると良いでしょう。
この場合、チューブレスタイヤの取り外しと同じやり方で、ホイールリムとビート部分に、シリコンスプレーを塗布します。




posted by キャット10号 at 04:20 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

チューブレスタイヤのバルブ

チューブレスタイヤに関しては、バルブが非常に重要な役割を持っていて、これは、に空気を入れる入り口の部品のことを指します。
大体、チューブレスタイヤの場合、タイヤの交換の目安は、2〜3年と言われています。
この場合、ホイールからチューブレスタイヤを外す必要はなく、ビードを落とすだけでバルブ交換はできます。
長期間チューブレスタイヤを使用しているにもかかわらず、放置していると、バルブがダメージを受け、そこから空気が漏れ、タイヤが破裂する危険性があります。
そうした事態に陥らないよう、チューブレスタイヤの交換時には、必ず、バルブも一緒に交換すべきです。
チューブレスタイヤのバルブをもし自分で交換する時は、まず、バルブ側のタイヤのビードを落とす必要があります。
長い間、チューブレスタイヤを使っていると、どうしても、バルブは劣化するので、定期的な交換は必ず必要になります。
チューブレスタイヤのバルブの交換方法ですが、まず、ホイールの中からニッパーで切り、外から引っ張れば抜けるようになっています。

チューブレスタイヤのバルブの部品代そのものはたいしたことがないので、交換時に済ませておくのが賢明です。
チューブレスタイヤのバルブ交換は自分でやっても簡単にできますが、タイヤ交換時には、新品のバルブを一緒に交換することを忘れてはいけません。
工具を使ってチューブレスタイヤのバルブを外側から引っ張り、キャップを外してから回して固定し、工具をテコにしてテーパー部分がはまるまで外から引っ張るとOKです。




posted by キャット10号 at 04:10 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

チューブレスタイヤのパンク


チューブレスタイヤのパンク修理で一般的なのは、専用の修理キットで裏からパッチを貼るというもので、これはチューブタイヤと同様の方法になります。
しかし、チューブレスタイヤで気になるのがパンクで、修理の時にどうするかということです。
また、チューブレスタイヤの場合、パンクした際の空気の漏れも少ないので、走行中でも比較的安全です。
また、チューブを入れてクリンチャーにして使うというチューブレスタイヤのパンク修理の方法もあります。
しかし、チューブレスタイヤは、釘が刺さってもすぐには空気が抜けないので、ガソリンスタンドまで行って、パンク修理が出来るメリットがあります。

チューブレスタイヤを使用している以上、チューブを入れてパンク修理をするというのは、あまりおすすめできません。
チューブレスタイヤのパンク修理はチューブ入りと比べてかなり楽で、何より、タイヤレバーが要りません。
チューブは非常に薄く、穴があくとすぐに空気が漏れますが、チューブレスタイヤなら、ゴム厚が強いので、穴が大きく開きません。
そして、チューブレスタイヤはリム打パンクもないので、交換時のバーストの危険性も回避できます。
基本的にチューブレスタイヤのホイールは、クリンチャーとしても使用できるので、チューブを入れればパンクに対応できます。




posted by キャット10号 at 04:00 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

チューブレスタイヤの構造


自転車のタイヤと違って、自動車用タイヤにはチューブはほとんど使われておらず、チューブレスタイヤが使用されています。
シンプルな構造が、まさしくチューブレスタイヤの特徴でもあり、タイヤをはめる側のリムにはスポーク穴がありません。
シンプルな構造が自慢のチューブレスタイヤですが、その秘密は、タイヤの内面とビードのつくりにあります。
つまり、チューブレスタイヤの内面には、チューブと同じ素材のブチルゴムが使用されているのです。
そして、タイヤ自体が空気を密閉させるため、チューブレスタイヤのホイールのリム内側には突起が施された構造になっています。
ビード部分に関しては、カーボン素材が入った角張った形状で、チューブレスタイヤの底面はフラット構造になっています。
ほとんどの自動車は、空気をため込むチューブタイヤを使用せず、タイヤ自体が空気を外に逃がさない構造のチューブレスタイヤを採用しています。
リムと接触させて空気を密閉させるために、チューブレスタイヤのこうした構造は、重要な意味を持っているのです。

チューブレスタイヤの内面のビード部分は、その形状に特徴があり、タイヤをリムにとめるという構造になっています。
ビード部とリムとの間で空気が漏れない構造にするため、チューブレスタイヤは、リムバルブを使用しています。
チューブレスタイヤの内面のゴム素材に関しては、チューブドタイヤのチューブと同じものを使用しています。




posted by キャット10号 at 03:50 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

自転車用チューブレスタイヤ


2006年以降、チューブレスタイヤはどんどん普及していて、今や、タイヤの代表といってもいいくらい人気があります。
また、クリンチャーと違い、チューブレスタイヤの場合、ビード部分の密閉性がかなり高くなっています。
チューブレスタイヤの自転車は、リム打ちパンクがなく、低圧走行ができるので、マウンテンバイク競技に最適です。
クリンチャーからチューブを排したものが、チューブレスタイヤと言えますが、クリンチャーとはややその性質を異にします。
空気が漏れないよう、チューブレスタイヤの場合、リムの裏側にスポーク穴がありません。
そうしたことから、パンクしたとしても、チューブレスタイヤの自転車なら、減圧が小さく、数km先までは走行できるメリットがあります。
ただ、今のところ、チューブレスタイヤの自転車は、製品のラインナップが少ないので、好みの選ぶというスタンスはありません。

チューブレスタイヤの自転車は、走行抵抗も小さいので、乗り心地も快適で、爽快なサイクリングが楽しめます。
チューブレスタイヤの自転車は、今やチューブ入りを凌ぐ勢いで猛追している感があります。
また、チューブレスタイヤの自転車の場合、リム打ちパンクが発生する要素がありません。




posted by キャット10号 at 03:40 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

チューブレスタイヤとは

チューブレスタイヤとはチューブレスタイヤとは、簡単に言うと、タイヤチューブを使用していないもので、タイヤとホイールの間に空気を入れるというタイヤになります。

チューブレスタイヤは、中にチューブがなく、タイヤしかないので、振動や摩擦を直接タイヤが受けます。
クリンチャーだと、タイヤとチューブで振動を受けるので、チューブレスタイヤと違って、転がるだけでロスパワーが発生します。
チューブレスタイヤとチューブタイヤを比べると、チューブに抵抗力があるということがすぐさまわかります。
逆にチューブレスタイヤではなく、チューブタイヤを使っているのは、オフロードバイクくらいといったところです。
当然、そうなると、チューブレスタイヤのほうが、乗り心地の良さを体感できるということになります。
これは構造上の問題で、チューブレスタイヤと違い、クリンチャーは、タイヤ内に厚みも弾力も異なるチューブを内包しているからです。
回転部の重さが走りに大きく影響するので、チューブレスタイヤを一度使用すると、まず、チューブタイヤに戻ることはできません。

チューブレスタイヤの場合、チューブ入りと比べて同じ空気圧でも空気の容量が多いわけです。
そうしたことから、チューブレスタイヤは、レーサーからも高く支持されています。
今では、チューブレスタイヤの使用用途は高く、ほとんどのものに使用されているといいう現状があります。




posted by キャット10号 at 03:30 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ヒカリエの限定品

ヒカリエには、たくさんの限定商品があります。
ヒカリエには多くのショップや商品がたくさん並んでいて、それだけの魅力があります。
おそらく、切干だいこんで作られたケーキを食べることができるのはここだけなのでは、と思うほど、珍しい食品ですが、こういうものが見つかるのがヒカリエの魅力。
この商品を購入するために、ヒカリエにおでかけをする人もいるということですので、どれだけ人気の商品なのかがわかりますよね。
そう、つまり「ヒカリエでしか購入することができない」という商品のこと。
ヒカリエ限定商品は、各店舗に色々なものがありますので、ぜひともゲットしてみたいものです。

ヒカリエ限定で珍しいものといえば、切り干し大根で作られたケーキがあることをご存知でしょうか。
栗原はるみさんがヒカリエにオープンさせた「ゆとりキッチンシェアウィズ」のみそ焼きチキンのポテトサラダ。
切り干し大根のケーキなんて、ヒカリエのお土産にも良さそうです。
たけのこに似た芋というだけでも興味がありますが、そこからさらにケーキを作ったとなると、やはりヒカリエで販売されているこのケーキを「気になる」「食べたい」という人が増えるでしょう。
ヒカリエでは、他にも青海苔を使ったケーキやボンボンショコラ、カシスムース、デコラティブケーキセットなど、たくさんの限定がありますので、ぜひともその「限定」の魅力を楽しんでみて下さいね。




posted by キャット10号 at 03:20 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

ヒカリエとハワイアン


これが、ヒカリエで注目されているハワイアンカフェですね。
ヒカリエにあるカイル・ウィークエンドは、「ゆったり」がポイント。
ヒカリエの中でも、ゆったりとくつろぐことができる様にと工夫されているこのショップは、ソファがある店もありますし、また固執もあるという徹底振りです。
ヒカリエというと、人気があるお店ばかりなので「個室なんて贅沢」と思ってしまいますが、個室があるなんて嬉しいですよね。
ヒカリエでオーガニックな料理を楽しむことができるなんて、なんだかとっても嬉しいですよね。
また、ヒカリエのカイルウィークエンドには、他にもたくさんのスイーツやお料理がありますので、ゆっくりと味わってみて下さい。
ヒカリエの中でも、新鮮な野菜のフォーなどを楽しむことができるのは、このお店だけではないでしょうか。
ヒカリエのカイル・ウィークエンドには、ヘザーブラウンという作家が手がけた絵画が飾ってあります。

ヒカリエのカイル・ウィークエンドには、他にもゆったりすることができるポイントがいっぱい。
また、ヒカリエでも珍しいオーガニックディッシュを販売。
カイル・ウィークエンドでは、ハワイアンナッツを使ったパンケーキなども販売されていて、それもヒカリエの中では珍しいですね。




posted by キャット10号 at 03:10 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

ヒカリエの駐車場


ただし、当たり前ですがヒカリエの買い物合算ができるのは当日のみ。
また、ヒカリエへ休日に行くときは、なるべく早めに行くなどの工夫をしてみるのもいいでしょう。
ヒカリエの駐車場は、3000円以上の買い物をすれば1時間無料。
ヒカリエの駐車場は、有料制です。
ヒカリエで30000円以上の買い物なら、3時間無料。
もし、ヒカリエに行くなら、ちゃんとこのサービスについて知っておきたいですね。
ヒカリエでは、今とっても人気の施設です。
ヒカリエへのお出かけはいろいろと大変ですが、それでも行って楽しい施設であることに変わりはありません。
今や、東京の新名所となった渋谷ヒカリエ。

ヒカリエの駐車場について調べてみましょう。
もちろん、ヒカリエの中の一店舗のみのお買い物ではなく、複数の店舗の合算でもOKです。ヒカリエの駐車場について、気になる人はいませんか。
ヒカリエで10000円以上の買い物なら、2時間無料。
特に、土日はヒカリエの駐車場は非常に混むので、駐車場の確保は大変です。
特にヒカリエが混みあうと予想される日には、車ではなく公共機関を使っていくなどの工夫も必要です。




posted by キャット10号 at 03:00 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

ヒカリエのお土産


まず、渋谷ヒカリエのお土産の中でも、手土産にオススメなのが「サンキャトルヴァン」のタルト。
渋谷ヒカリエのル・パンドゥジョエル・ロプションというパン屋では、美味しいカレーパンを販売しています。
このタルトは、いくつかの種類のものを箱詰めにしたもので、渋谷ヒカリエにあるサンキャトルヴァンの中でも非常にオススメ。
つまり、渋谷ヒカリエにはたくさんの観光客が訪れる、ということです。

ヒカリエには可愛いお土産もあります。
では、そんな渋谷ヒカリエで購入することができる、観光客向けのお土産とは何なのでしょう。
これは、観光客へのお土産というより、地元の人が渋谷ヒカリエに行ったというお土産として人気みたいですね。
ヒカリエの可愛い手土産にもなるお土産といえば、パティスリー・サダハル・アキオ・パリから発売されている「エクレール」。
美味しいお弁当を購入したいという人は、ぜひとも渋谷ヒカリエにある栗原はるみさんのショップで購入してみてはいかがでしょう。
もちろん、渋谷ヒカリエには観光客用のお土産も満載。
日常生活の中でも、ちょっと高級な生活をしたいと思うときは、ぜひとも渋谷ヒカリエに行ってみて下さいね。
遊び心もいっぱい詰まったお菓子ですので、渋谷ヒカリエに行った人にはオススメだと思いますよ。




posted by キャット10号 at 02:50 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

ヒカリエのプラネタリウム


このように、色々なことを楽しむことができるのが、渋谷ヒカリエなのです。
そして、2012年に渋谷ヒカリエは完成しました。
ヒカリエは、渋谷に新しくできた複合施設。

ヒカリエの地下ではカルチャーグッズの販売や、美味しい食材の販売が行われています。
「東京を満喫したい」「美味しい東京土産を購入したい」という人は、ぜひとも渋谷ヒカリエにお出かけをしてみてほしいと思います。
2005年から構想が練られ、2009年に渋谷ヒカリエの工事に着工。
現在は、渋谷の新しい名所として、渋谷ヒカリエは大変な人気となっています。
渋谷はもともと若者の町ですが、渋谷ヒカリエの誕生から、多くの年齢層の人が集まる様にもなったとか。
渋谷ヒカリエと一緒に、このプラネタリウムを見るという人も多いのだとか。

ヒカリエもいいですが、都会ではめったに見ることができない星空を見ることができるプラネタリウムもすごくいいですよね。
楽しいお買い物をできるスポットがあれば、癒される様なスポットもあり、渋谷ヒカリエにいくことで、たくさんの楽しみを満喫することができるでしょう。
もちろん、観光客だけでなく、地元の人にも渋谷ヒカリエは大人気。




posted by キャット10号 at 02:40 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

ヒカリエ内の劇場


ヒカリエ東急シアターオーブは、11階がロビーフロアやレストラン、コーヒースタンドがあります。
日本でも劇団四季などでよく上演されているなあと思っていましたが、本場キャストによる上演は約50年も前だったと知り、驚きました。

ヒカリエ東急シアターオーブの劇場こけら落とし公演は、ウエスト・サイド・ストーリーが2012年7月18日から8月5日までで上演されました。
1957年初演のウエスト・サイド・ストーリーは映画にもなっていて、ミュージカルファンでなくとも、知っている人は多いのではないでしょうか。
また、ヒカリエ東急シアターオーブは舞台が客席に近いため、より一層ミュージカルを楽しむことのできる劇場となっています。
現在では、ヒカリエ東急シアターオーブでは、国内、海外を問わず様々なミュージカルが上演されています。
今回のヒカリエ東急シアターオーブでのこけら落とし公演では、脚本家アーサー・ローレンツが特にこだわり、初演版を復活を実現したとして特に注目を集めました。
また、ヒカリエ東急シアターオーブの13階には約2,000の客席数がある劇場フロアで、世界最大級のミュージカル劇場のひとつとなっています。
そして、ヒカリエ東急シアターオーブの当日券は13階の劇場フロアで購入することが可能になっています。
また、東急シアターオーブのチケットの購入はヒカリエ2階のインフォメーションの隣にチケット売り場があります。




posted by キャット10号 at 02:30 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。